タクシー運転手のイメージと現状

タクシー運転手という仕事に対するイメージとして、好きな時間に働けて、上下関係もないので楽な仕事だと考えている人がとても多いです。しかし、多くのドライバーは会社に属しています。そのため、社内には上司と部下の関係があります。会社によっては、売上の一部を会社から天引きされるところもあります。バブル期は個人経営のタクシーが多数ありましたが、不景気の中ではタクシー利用者が減ってしまうため個人でタクシー会社を経営することはとても困難です。

タクシー運転手の大変なこと

タクシー運転手の最も大変なことといえば、乗客とのトラブルと言えるでしょう。その中でも、タクシー強盗への対応が最も大変です。タクシー強盗に遭ってしまうと、売り上げを取られるだけでなく命を狙われる可能性もあるのです。電車が存在するにもかかわらず、明らかな長距離をタクシーで行こうとする人や、大通りを通らずに細い道だけを通るように要求してくる客は危ないと言えます。またタクシードライバーを仕事にするには自らが担当する区域の道を細いところも含めてすべて覚える必要があります。これも非常に大変です。

タクシードライバーは本当にいいのか

タクシードライバーになるには自動車免許さえ持っていれば他の資格は基本的に必要がないため、とても始めやすい仕事です。しかし、乗客の命を預かる仕事です。トラブルにも対応する必要があります。また、不景気と自家用車の普及によってタクシー利用者の数は減っています。タクシードライバーだけで生活を成り立たせるのはとても難しいことです。タクシードライバーを始める前に、実際にそれを仕事とする人に、仕事のやりがいと大変なところを聞いておくといいでしょう。

役員運転手は企業や団体の重役を対象にした車両運転業務です。運転経験の多いプロドライバーの業務で、安全運転はもちろん車両点検やサービス精神が特に重要になります。