エンジニアならすぐにできちゃう電気スタンド

電気スタンド程度なら、エンジニアにとっては、もはや回路図なしでもできてしまう簡単なアイテムです。何しろ、家庭用電源に白熱電球を直接接続すれば、光るのですから、エジソンも有りがたいものを発明してくれたものです。勉強用のデスクで使用するスタンドであれば、色温度が高い蛍光灯チックなものを作りたいですね。今だったら話題のLEDはどうでしょう。意外と簡単ですよ。家庭用AC100VからDC電源に変換する電源アダプタと、LED、電流を制御する抵抗をLEDの数だけ買って置けば、すぐにできちゃいます。

プラモデル気分で作れる携帯型ラジオ

よく、自作用キットとして携帯型ラジオの電子工作キットが販売されていますよね。自分には作れないなんて思っていませんか?でも、そんなに難しくはありません。むしろ楽しいです。キット以外に必要なものは、半田と半田ごて位な物。あと、ピンセットや半田を溶かすためのペーストもあると良いかもしれません。すべてホームセンターで手に入ります。キットに添付されている説明書の順番で作っていくと、1日でできちゃいそうです。自分で作ったラジオは愛着がわきますよ。

意外と便利な時計キット

自作用キットの中には、デジタル時計もあります。発光式のLEDをたくさん使って、デジタル表示するものがオススメです。自分の体験談ですが、一つの数字がスマホくらいの大きさのデジタル時計を作ったら、夜にとっても便利なんです。近眼の自分でも夜にメガネをかけずに時間が確認できます。さて、作り方ですが、用意するものはラジオと同様です。ラジオよりも回路は簡単なので、すぐに作れるはずです。LEDを光らせる方法も勉強になりそうです。ただ、LEDのプラスとマイナスだけは間違えないでくださいね。

学校の授業において、ラジオを制作するには、プリント基板設計が必要となります。電気を流す道を造らなければならないためなのです。