トイレットペーパー以外の紙を流していませんか?

トイレットペーパー以外の紙を使用するとトイレが詰まってしまうことがあります。例えばティッシュペーパーですが、トイレに流してはいません。それぞれの紙の特性をご存知ですか。トイレットペーパーで鼻をかんだことがある人はわかるかもしれませんね。トイレットペーパーは水に溶けやすいという性質を持っています。ですからトイレに流しても大丈夫なのですが、ティッシュペーパーは1時間水に漬けておいても紙に変化はありません。それぞれの性質を知って、トイレットペーパーのみ使うようにしましょうね。

タンクの中は大丈夫ですか?

少し前にトイレのタンクに水を入れたペットボトルを入れるということが流行りました。それは節水のためです。もし、今現在でもタンクにペットボトルを入れている場合は、トイレにとって悪影響を及ぼす可能性があるので、取り出すことをおすすめします。それは、それぞれのトイレには適正な水量が決まっているからです。それを少なくすることは、流れにくくなるということです。もし節水をしたいのならば、節水タイプのトイレに変えましょう。

異物を流していませんか?

これはお子さんがいる家庭で多いことですが、手に持っていたおもちゃを落としてしまって、気づかずに流してしまう。こういったパターンが多いでしょう。また、ポケットに入れていたペンや携帯電話も誤って流してしまったというパターンもあるでしょう。気づいたらすぐに取り出すことをおすすめします。もし気づかずに使用し続けた場合、水が逆流してしまうかもしれません。こうなってしまったら業者を頼るしかないので、少しでも異変を感じたら道具(ラバーカップ)を使用して異物を取り除きましょう。

排水詰まりや水漏れを発見したなら、ただちに迅速な対応をすべきです。実際に水道修理を申し込む前に、必ず見積もりを依頼して、費用について確認することが大切です。