そもそもどうして普及したのか

防犯カメラがあるような住宅、と言うのは昔は珍しかったです。今でも極端に多いわけではないですが、それなりに普及しています。その理由が、安くなっているからです。安い物であれば、一万円もしないで買うことができます。そして、設置をするのも楽ですから、費用負担がとても軽くなっているので、中産階級の個宅にもつける人が増えているわけです。兎に角、防犯意識を強く持つことは良いですから、お勧めできる行為といえます。

安くなったのは機器だけではない

安くなったのは防犯カメラだけでなく、記録媒体もそうです。そもそも動画を記録する、と言うのは物凄い容量が必要であったわけです。今でもそうですが、それでもどんどんその記録媒体が安くなっています。それは間違いないですから、設置するのが楽になっているわけです。それなりの性能の物ですと前に何かが通った時から数秒前から記録して、そのまま録画をし続ける、と言うタイプもあります。これによって、効率的に記録媒体を使えるようになります。

セキュリティを高めることができる

防犯カメラがある、ということだけでも防犯性が物凄く高くなります。少しでも安全に住みたいと思うのは当然ですよね。その為に、防犯カメラを設置するわけです、世の中には、ダミーカメラと言うのもあります。要するにカメラの形をしているだけですが、それでも抑止力があります。しかし、可能であれば、高性能な防犯カメラを設置することです。初期投資額もかかりますし、維持費もかかりますが、防犯の為にはとても良い行為になります。

防犯カメラの場合、犯罪発生時の証拠映像を確保できるだけでなく、犯罪抑止効果をもたらすことも期待できます。