電車のロングシートは出来るだけ真っ直ぐ前を見る

満員の電車内、ロングシートに座っているとついつい隣の人の仕草が気になってしまうケースがありますよね。例えば隣の人がどんなゲームをしているか、あるいはどんな雑誌や新聞を読んでいるか・・等々。ですがこれらを知ろうとやたらに隣をジロジロ見るのは明らかなプライバシーの侵害行為でしょう。逆に自分がこれをやられたらどんな気持ちになるでしょうか。隣からの視線が気なって何も出来なくなってしまうに違いありません。こういうケースはどんなに気になっても真っ直ぐ前を見てキョロキョロ視線を動かさないのが一番の方法なのです。また自分自身小説や雑誌を読みそれに集中してしまうのも良い方法でしょう。

前を歩く人の背後に接近し過ぎない

混雑している歩道を歩く場合は致し方ありませんが、特に込んでもいない歩道や建物内の渡り廊下等、前を歩く人のすぐ後ろに接近し過ぎて歩くのは良くありません。前を歩く人が気配を察知すればやはり不安になりますし、常に背後から何をしているか見られるのは不快極まりなく、これらの行為もまた間接的に他人のプライバシーを侵害しているのに等しいのです。他人の後ろを歩く際には最低でも5メートル程は離れ、いわゆる顔見知りではない人におけるパーソナルスペース内に侵入しない様心掛ける事が大切なのです。

飲食店内でも周囲への視線は一点に集中し過ぎない

多くの人にとってリラックスタイムとなる飲食店でのひととき。こんな時でも周囲の気配りは必要となります。自分の周囲のテーブルやカウンターに気になる人がいたからと言って、見ず知らずの他人に対し視線を集中し過ぎない事が大切。その視線をその人が受け取った瞬間にプライバシーを汚されたと感じ、嫌な顔で返され、楽しい飲食の時間が台無しになってしまう事だってあるのです。気になり過ぎる前に目の前の美味しい飲食に夢中になるか、リラックスタイムだからと持ち込んだ書籍を読んだりゲームをしたりと、あまり周囲に神経質な視線を送らない事が大事なのは電車内と同様です。ただお店のゆったりした雰囲気を楽しみたければ、焦点を合わせずぼんやりと店のインテリアを眺めるのは有りでしょう。

機密文書の場合、外部への流出を防ぐために厳重な管理が必要となり、保管時だけでなく廃棄時においても注意を払うことが重要です。